読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寿甘’s blog

気になる事やってます。

糖尿病だったわ

こんにちは、すあまです。

 

子宮体癌の摘出手術をするのに検査したら、糖尿病だったっていうビックリ仰天から早半年が過ぎました。

入院してた時だけ、HbA1c値や血糖値が下がってたっていう、あるあるです。

 

退院して1ヶ月に1回ペースで診察してきましたが、体重も徐々に増え、HbA1c値も入院前の数値に戻ってしまいました。(-"-。)ムムム

 

高血圧もあったので、血圧を下げるお薬を1種類だけ飲んでいましたが、ついに血糖値を下げるお薬が1種類追加となってしまいました。

 

すあま(1/30現在)のHbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)値は7.4%です。

このHbA1c値がどのくらいだと糖尿病判定になるかというと、

  HbA1c値 5.4%(NGSP値)未満が正常

  HbA1c値 5.4~6.4%(NGSP値)境界型糖尿病

  HbA1c値 6.5%(NGSP値)以上が糖尿病

正確な診断には血糖値もあわせてみるようです。

8.0%以上になると足が痺れたり、足の感覚が麻痺したり、痛みが発症してしまうらしいです。

 

糖尿病の恐ろしいのは、自覚症状がないままとても重い症状の合併症を併発する可能性が高いことです。
その中でも「三大合併症」と呼ばれる主要な合併症があるようです。

 ①糖尿病神経障害
     もっとも早く発症する。多くは手足の先の痛みや痺れ。悪化すると細胞が壊死するため、足を切断ということにも。

 ②糖尿病網膜症
     血糖値が高い状態が続くと、網膜の血管が損傷し視力が弱まり、悪化すると失明する場合も。また、白内障になることも多いようです。

 ③糖尿病腎症
     腎臓の毛細血管が損傷し、悪化すると尿を作れなくなり、人工透析を行うことになることも。

 

極端な例をあげてしまいましたが、そうならない為にも「まずは食事を見直そう!」なのです。

糖分の摂取量を抑えるのが大事で、だいたい1日25g(小さじ6杯程度)にすると良いようです。

 

といっても、自分で料理を作れば量を量れますが、市販で売られている物はどうやったらわかるのでしょうか。

実は、栄養成分表示をみてちょっとした計算をすると、砂糖の含有量がわかるのです。

  ≪内容量≫ ÷ ≪単位量≫ × ≪単位量当たりの炭水化物の量≫ = 全体の砂糖の量

となります。

これで、少しは糖分を抑えて買い物ができそうです。

 

あと、前に先生に言われた事は

  • 朝昼晩の三食はきちんととる。(間食はしない)
  • コーヒーなどに砂糖を入れたい時は、人工甘味料を使う。
  • 野菜をたくさんとる。
  • 運動をする。

まだありましたが、ザッとこんな感じです。

また来月、食事の指導があるそうなので、役に立ちそうなことがあったらUPしたいと思います。

 

 

ではでは。

 

子宮体癌 術後の診察④

こんにちは、すあまです。

 

早いもので今年もあと半月ですよ。

今年も残りわずかだというのに、カゼをひいてしまいました。

しかも体調崩したばっかりに「歯周病」になり、噛むのがイッタイったらありゃしない。

なんだか今年は体がガタつきましたw

 

 

 そんなこんなで、1ヶ月前になってしまいますが、手術した病院に舞い戻って、腫瘍マーカー(がんの再発時に増加することがあるため、再発の発見に利用する)をすることとなりました。

 

1年間は3ヶ月に1回ペースでマーカーやるらしいですが、そんなに苦ではないですね。

 

先生も心配してくださってたようで、「こんなこと不謹慎なんだけど、顔が見れてよかった」とおっしゃってましたw

再発して再来な訳ではないし、私も先生に会えてちょっとホッとしました。

 

診察をしてもらい、術後の経過は何事もないようです。

そして、3ヶ月後の予約をし、次は内科です。

 

婦人科系のみならず、高血圧・糖尿という引導を渡され、糖内内科にまで通う今日この頃・・・。

こちらでは、タバコを止めたせいか、入院中より体重が増えつつありますw

更に、血糖値も元に戻りつつあるという・・・。

 

食事制限をしなくてはいけないのに、口がさみしくてつい何か食べてしまう・・・(涙

 

血圧のほうは、上が135前後の下が85前後で、十分高いけど、過去上が180をキープしていた頃よりはかなり下がってくれてます。

薬を飲んでるのもあるけど・・・。

 

 や、やせないと・・・w

 

誰かが、食事制限と運動しとけば人間は痩せれるって言ってたけど・・・

ほ、本当だろうか・・・

 

 

ではではw

 

 

子宮体癌 術後の診察③

こんにちは、すあまです。

 

さてさて、術後の経過結果ですが、ひとまず大丈夫のようです。

でも、最低でも1~3ヶ月に1回は定期的に検診をしなくてはならないようです。

高血圧と糖尿のほうもあるので、これからは生活習慣が正されていくでしょうw

 

 

でだ!ここまではいいよ。

今回、大学病院での2回目の診察だよ。

そんで1回目の先生と違う先生だったの。(まぁ、予約の時に先生が違う事はわかってたけど)

 

先生「採血の結果と、再度病理も診ましたけど、再発等はありませんでした。で、今後どうします?」

すあま「へ?」

先生「いやぁ、別にここ(大学病院)で診ていかなくても、手術した病院で今後の様子を診ていってもいいと思うんです。」

すあま「はぁ」

先生「どうします?」

すあま「何かあった時に、設備が整ってるこちらで診てもらってたほうがいいんじゃないかって事で紹介してもらったんですけど」

先生「何かあってからでもいいんじゃない?」

すあま「まぁ手術した病院で、今も血圧と糖尿で内科にかかってるので・・・」

先生「あーーー、じゃぁそっちで診てもらったほうが楽でしょう?手術もそっちでやったんだし」

すあま「はぁ」

先生「まぁ、そっちの婦人科の先生に連絡してて、『診ますよ』って言ってくれてるので手紙(紹介状?)書きますね。待合室でお持ちください。」

すあま「はぁ」

 

ってわけで、また元の病院に戻る事となりましたw

ちょっと?笑い事じゃないんだけど?www

え???こんなもん?

ねね、病院ってこんなもん?

 

事が事だけにさぁ・・・

ってか、ガンごと子宮取っちゃったけどさぁ・・・

何かあってからでもいいんじゃない?って・・・

こんなもんなの?

 

www

はい、そんなわけでね、手術してもらった病院でしばらく様子をみていきたいと思います。

どんな顔して先生に会えばいいんだかw

 

ではではw

 

 

子宮体癌 術後の診察②

こんにちは、すあまです。

 

 

先日、病院を転院してきました。

大学病院のような大きい病院は、紹介状があるとスムーズですな。

待ち時間は長ーーーーーいですけどねw

 

初診の時に毎回思うのですが、どこの病院でも問診票とか記入させられますけど、あれって必要なんですかね?

この大学病院は、先生の診察の前に、問診票取りまとめ担当(?)の人が問診票と同じこと聞いて、しかも書いてあるのに聞いてきてパソコンに入力してました。

確認の為に聞いているのだとは思いますが、「複雑系子宮内膜異型増殖症と診断があり、子宮全摘と両卵管と左の卵巣取りました」とかちょっと長いんで、書いたの見てくださいw

ってか、紹介状どこやったの・・・。

 

大学病院ともなると患者さんも多いでしょうから、流れ作業的になってしまうんでしょうね。

イヤイヤ、そこ大事だからちゃんと見てwww

大きくて診察室もいっぱいあるんだから、先生もいっぱいいるでしょ・・・。

え?いないの?

 

と、待ち時間が長いもんですから、いろいろ妄想にふけってまいりました。

 

 

そして、先生の診察。

残っている右の卵巣に、腫れなどの異常はみられなかったようで、一安心でした。

先生は紹介状に目を通し、一緒に渡してあった病理を見て、それをもう一度大学病院で検査し直して、採血とって、その結果から今後どうしていくかを決めましょう、との事でした。

 

なんか、他に転移してたら・・・とか考えると不安ですね。

でも診察でグリグリ見てて、なんともなさそうだったから大丈夫なのかな。

それとこれとは別なんですかね。

 

質問したら丁寧に教えていただけるんですけどね。

親には、「何で聞いてこないの!」って怒られますけど、その場は何も思いつかないもんなんですw

 

 

そんなわけで、また今月の下旬に結果を聞きに行ってまいります。

ではでは。

 

 

子宮体癌 術後の診察

こんにちは、すあまです。

 

今週の月曜日(9月12日)から仕事復帰しました。

初日は疲れ果てて、夜9時頃寝てしまいましたw

 

 

そして金曜日、術後最後の診察をしてもらいに行ってまいりました。

術後1ヶ月がたったわけですが、まだうっすら出血があったので、お薬入れてもらいました。

あと、これからの事を話した結果、子宮体癌だったので、今後はやはり大学病院にみてもらう事となりました。

 

大学病院の先生に連絡を取って頂いていたようで、初診の予約もしていただいたので、紹介状を書いてもらい、10月上旬に大学病院へ行ってきます。

 

いろいろ親切にやって頂いて有難う御座いましたという気持ちです。

 

・・・が、なんか、見捨てられた感があるんだよなぁ。

回された感?

いや、しょうがないとは思うよ。

ガン治療の設備が整ってないから、他の設備の整ってる大学病院を紹介するってのはわかる。

しかも私の子宮体癌という結果を出したのは、今回紹介してもらった大学病院なんだけどね。

 

わかるんだけどさ。

もしかしたら、「複雑型子宮内膜異型増殖症」という診断結果の時点で、大学病院で手術した方が良かったのかもしれない。

複雑型で異型ってことで、前癌状態の子宮体癌0期ですからね。

 

でも、その子宮体癌を取って頂いたのですから、やっぱり有難う御座いました!ですね。

 

そして、癌が転移しない事を祈りつつ、大学病院にはよろしくお願いします!です。

 

 

ではでは。

 

複雑型子宮内膜異型増殖症・・・だと?③

こんにちは、すあまです。

 

 

はい、8月26日(金)に無事退院しました。

 

 

手術は大変だったらしいです。

3時間半くらいで終わって、出血も200mlくらいですむ予定でしたが、なんか、いろいろ癒着してて、先生が丁寧にはがしてくれたそうで、6時間超えの500ml以上の出血になったそうです。

 

結構血が流れたせいか、術後病室に移されて早々吐きましたw

 

それからしばらくは、点滴との戦いになりました。

私は、昔から血管が見つかりにくく、針を刺すのに皆さん苦労されます。

今回もちょっと外れようものなら、何人の先生や看護師さん達がいらっしゃったことか。まったくもって申訳ないっす。

 

術後1日目から、ドンドン動くように言われます。動くと言っても足を動かしたり、床ずれをしないように寝返りをうつくらいですけどね。

あと、動いて腸を動かしてオナラを出す。オナラが出ないとお水が飲めない。お水が飲めないと食事ができない。っていうね。

 

退院前日に診察があり、取ったところの写真を見つつ説明を受けました。

気になるところは、子宮にちょっとモヤモヤがあって、これは検査してみないと良性なのか悪性なのかわからないとの事でした。

 

そして、退院後の診察は3週間後に来てください、との事でめでたく退院!となったのですが、わざわざ先生が病室まで来てくださり、「検査の結果急がせるから、やっぱり次の診察1週間後にします。その時、親御さんも一緒に来てください。」って・・・。

あれ?なんかこれってヤバい感じ?と察しました。

 

それでもなんとか、無事退院できたわけです。

よかったよかった。やっぱり家が一番ですわ。

でも、まだ安心できないというね。

 

1週間後・・・。

母と一緒に、結果を聞いて参りました。

 

結果は、子宮体癌

組織分類は、類内膜腺癌。

ステージは、ⅠA期。ということでした。

0期から1ランクUPといったところでしょうか。

 

先生もおっしゃってましたが、早いうちにガンを摘出できたわけですから、今すぐどうこうって話ではないんです。

でもね、まさか!って感じで、ドッと汗が出てきましたね。

 

卵巣嚢腫のほうは、左成熟奇形腫で良性との事でした。

この中に、髪の毛とか爪とかが入ってるんですが、何が育ってるんでしょうね。

 

 

というわけで、小さいガンが見つかり、それを摘出した感じになりました。

これから半年か1年後かわかりませんが、別のところに転移してないか、大学病院を紹介してもらって検査をする事になりそうですね。

 

しばらくは、ゆっくりしたいと思います。

ではでは。

 

 

複雑型子宮内膜異型増殖症・・・だと?②

こんにちは。

 

さて、いよいよ明日手術です。

 

結局何を取るのかというと、「子宮」と「左の卵巣」と「左右の卵管」を取るらしいです。

 

今日から入院して、お腹開くので、下の毛を剃りました。自分で剃ればよかった。看護師さんにバリカンで剃ってもらったので、イガグリ坊主になってましたw

 

あと下剤飲みました。じんわりじんわりくるタイプらしいです。

 

明日の午前中に手術予定でしたが、どうやら午後になりそうです。

 

さっき、看護師さんが明日の日程表を持って、説明しに来てくれました。

あれ?浣腸するような事言われたけど書いてないなぁ。(まぁいいか)

 

うっ。さっき飲んだ下剤が効いてきたか?

では、またそのうち更新します。

 

さらば、私の子宮よ。