読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寿甘’s blog

気になる事やってます。

複雑型子宮内膜異型増殖症・・・だと?③

手術

こんにちは、すあまです。

 

 

はい、8月26日(金)に無事退院しました。

 

 

手術は大変だったらしいです。

3時間半くらいで終わって、出血も200mlくらいですむ予定でしたが、なんか、いろいろ癒着してて、先生が丁寧にはがしてくれたそうで、6時間超えの500ml以上の出血になったそうです。

 

結構血が流れたせいか、術後病室に移されて早々吐きましたw

 

それからしばらくは、点滴との戦いになりました。

私は、昔から血管が見つかりにくく、針を刺すのに皆さん苦労されます。

今回もちょっと外れようものなら、何人の先生や看護師さん達がいらっしゃったことか。まったくもって申訳ないっす。

 

術後1日目から、ドンドン動くように言われます。動くと言っても足を動かしたり、床ずれをしないように寝返りをうつくらいですけどね。

あと、動いて腸を動かしてオナラを出す。オナラが出ないとお水が飲めない。お水が飲めないと食事ができない。っていうね。

 

退院前日に診察があり、取ったところの写真を見つつ説明を受けました。

気になるところは、子宮にちょっとモヤモヤがあって、これは検査してみないと良性なのか悪性なのかわからないとの事でした。

 

そして、退院後の診察は3週間後に来てください、との事でめでたく退院!となったのですが、わざわざ先生が病室まで来てくださり、「検査の結果急がせるから、やっぱり次の診察1週間後にします。その時、親御さんも一緒に来てください。」って・・・。

あれ?なんかこれってヤバい感じ?と察しました。

 

それでもなんとか、無事退院できたわけです。

よかったよかった。やっぱり家が一番ですわ。

でも、まだ安心できないというね。

 

1週間後・・・。

母と一緒に、結果を聞いて参りました。

 

結果は、子宮体癌

組織分類は、類内膜腺癌。

ステージは、ⅠA期。ということでした。

0期から1ランクUPといったところでしょうか。

 

先生もおっしゃってましたが、早いうちにガンを摘出できたわけですから、今すぐどうこうって話ではないんです。

でもね、まさか!って感じで、ドッと汗が出てきましたね。

 

卵巣嚢腫のほうは、左成熟奇形腫で良性との事でした。

この中に、髪の毛とか爪とかが入ってるんですが、何が育ってるんでしょうね。

 

 

というわけで、小さいガンが見つかり、それを摘出した感じになりました。

これから半年か1年後かわかりませんが、別のところに転移してないか、大学病院を紹介してもらって検査をする事になりそうですね。

 

しばらくは、ゆっくりしたいと思います。

ではでは。